携帯型水素水サーバーランキング

 

H.Bottle

H.Bottleの特徴は、短時間に高濃度の水素水を作ること。たった3分で、最大1.5ppmの水素水が作れます。

 

一度に飲める水素水の量も300ccで、多くもなく少なくもなく。一度に飲み切る量としては丁度良い量なのもにくい。

 

携帯用水素水サーバーとして、素材も高級なものを使用しており、しっかり長持ちする水素水ボトルです。

 

携帯性、溶存水素濃度、水素水生成の速さ、コストパフォーマンス、携帯用の中でバランスが一番取れている水素水生成器です。

 

H.Bottle 公式サイトはこちら

H.Bottle 公式サイト

価格 評価
55,000円(税抜) 水素水サーバー,ランキング,携帯型

ガウラウォーク
ガウラウォーク

GAURA Walkの特徴は、短時間に高濃度の水素水を作ること。そして、なんといってもコストパフォーマンスが最高です。

 

3分間で1.0ppmという高濃度の水素水が作れて、3万円台で水素水生成器が購入できます。

 

安いから質も良くないのかな?って思ったのですが、そんなことありません。買ってみてびっくりしましたけど、かなりしっかり作られています。

 

私は、黄色のガウラウォークを購入しました。
ガウラウォークの体験レビューは↓こちら。
ガウラウォークのレビュー

 

頑丈なのにスマートで、デザインも素敵。色も10色から選べますから迷いそうですねw

 

GAURA Walk 公式サイトはこちら

ガウラウォーク

価格 評価
34,800円(税抜) 水素水サーバー,ランキング,携帯型

 

 

水素水サーバー「ポケット」

ポケットのこの姿をご覧になられた人も多いのではないでしょうか。
ポケットは、有名人使用率がNo1でしょう。(テレビへの登場回数が一番多いはず)

 

水素濃度は700ppbと若干落ちますが、手軽さとデザインで人気があります。
メディアへの露出が多いからかも知れませんが、ポケットは継続的に売れています。

 

私が好きだった医療系のドラマの小道具としても出ていましたので、テレビで見た時は興奮しましたね。
水素水サーバー「ポケット」は外に持ち出しても違和感がなく、かわいらしさもあるので恥ずかしくないでしょう。

 

デザイン性、性能も悪くないところからテレビでも多く採用されているのかも知れません。

 

ポケット 公式サイトはこちら

ポケット 公式サイト

価格 評価
55,500円(税抜) 水素水サーバー,ランキング,携帯型
 

携帯型水素水生成器はH.Bottle

 

携帯型水素水ボトルとして、水素水濃度が一番高いのがH.Bottleです。
材質も良く、質は最高のもので作られています。

 

水素水サーバーランキング※ポータブル型

 

H.Bottleの水素水は、圧巻の1.5ppm。
短時間で作る場合でも、1.0ppm以上の水素水が作れます。
1.0ppm以上の水素濃度であれば、高濃度水素水の仲間入り。
携帯型としては最高品質の水素水ボトルです。

 

そして、H.Bottoleは、メンテナンスもらくちん。
使っている素材は、アレルギーのことを考えて、すべて安全な素材ばかり。

 

使用している素材の詳しくは、公式サイトで確認してみてくださいね。
アレルギーをお持ちの場合、確認しておくと良いですね。

 

他の利点として、バッテリーなしでも使えるのが嬉しい。
水素水ボトルはバッテリータイプが多いですよね。
しかも、使いながら充電できないものあります。

 

H.Bottleもバッテリーですが、バッテリーが弱くなったら、電源直接つなげばずっとつなげます。
バッテリーを交換するのが一番ですが、交換しなくても使い続けられるんです。

 

良質な水素水を継続して飲むのであれば、最有力候補の一つとしてH.Bottleを入れておけるでしょうね。

 

H.Bottle 公式サイトはこちら

H.Bottle 公式サイト

 

関連ページ

水道直結型ランキング
水道直結型水素水サーバーのランキング。水道直結型の特徴は、給水する必要がないこと。メンテナンスがとても楽で、一度設置してしまえば、水道水を飲むのと同じ位の手間で水素水が飲めます。ただ工事が必要なケースが多く、機械も大きいため場所を取るのがたまに傷。
給水型ランキング
給水型水素水サーバーのランキング。給水型の特徴は、工事が必要なく家庭にも簡単に設置できる点。ただし、水がなくなれば給水する必要があり、それなりに手間はかかる。機械としては小さめで設置するにも便利。機能も水道直結型と大差はなく、コストも安いのが強み。
ガロン式ランキング
ガロン式水素水サーバーのランキング。ウォーターサーバーでお馴染みのガロン式。今までのウォーターサーバーに水素水添加キットをつけて使うタイプの水素水サーバー。飲んだ分だけお金を払うタイプで、1日1リットル程度なら、月額5000円にもならない。