水素水 血糖値

水素水で脂質代謝が活発になる

 

水素水を飲むことで、

 

  • 血糖値が下がった
  • 中性脂肪が減った
  • 体脂肪率が減った

という体験をされる方が多いようです。水素水を飲むとどうして血糖値が下がっていくのか、そのことについてこんな動画がありました。

 

水素水を飲むと、FGF21と言う肝臓で作られるホルモンが増加します。FGF21は、エネルギー代謝を活発にしてくれるホルモンです。その結果、エネルギー代謝が活発になり、糖尿病もよくなるだろうということです。

 

また、FGF21は、エネルギー生成の為に糖質を使わずに脂質を使ってくれます。この点も糖尿病患者の方には嬉しい機能ではないかと思います。

 

水素水をベースに糖尿病に関する治療を並行して進めて頂ければ良いのではないでしょうか。

 

関連ページ

水素水の役割
活性酸素は研究により、善玉と悪玉があることがわかっています。善玉活性酸素は人間の体内に入ったウィルス等をやっつけてくれる武器になります。しかし、悪玉は自分自身の体を傷つけます。水素水は悪玉活性酸素だけをやっつける私たちの味方です。
溶存水素濃度
水素水は濃ければ濃い程良いというわけではありません。0.4ppmあれば体に効果はあるのです。一般的に水素水の飽和値は1.6ppmあたりですから、1.0ppmの濃度であれば、高濃度と言えるでしょう。薄い水素水はやめて濃い水素水を飲みましょう。
水素水は怪しいのか?
水素水について理解を深めましょう。水素水とはいったい何者なのか。水素水って本当に効果があるのか。なぜ、巷では怪しいと思われているのか。水素水は水素が入った水。水素が体に及ぼす効果が良いため、水素水に人気が集まっているのです。正しい理解で健康になりましょう。
睡眠不足に水素水
毎日高濃度の水素水を飲んでいます。最近、寝不足が続きますが、水素水を飲んでいるおかげで日中眠くならないし、疲れもたまりません。40歳を過ぎた私がこんなにも元気でいられるのは、水素水のおかげ。これからもずっと高濃度の水素水を飲み続けます。