水素水の役割

活性水素について

 

活性水素は、科学用語ではありません。
一般的に、活性水素とは水素原子のことをさします。

 

活性水素が溶け込んでいる(水素原子が溶け込んでいる)水のことを活性水素水と呼ぶこともあるそうです。

 

ですが、最近では誤解を招くこともあるため、活性水素水という言葉は一般的ではありません。単に、水素水と呼ぶ方が良いでしょう。

 

活性酸素を除去してくれるのが水素水

 

活性酸素というものは、元来人間の体に必要なものです。
簡単に言うと、外敵が外からやってきた時に、白血球がやっつけてくれるのですが、その時に使われるのが活性酸素です。
ですので、活性酸素は良いやつなんです、元来は。。。

 

ですが今の世の中、たくさんの外敵が多く、活性酸素が増えすぎている状況です。
外敵をやっつける為の活性酸素ですが、増えすぎた為に外敵だけではなく自分の体まで傷つけている
それが現代人の活性酸素事情です。

 

本来は必要な活性酸素ですが、増えすぎた為減らさなければいけないというなんとも皮肉な話です。
そしてその活性酸素を除去してくれる秘密兵器が水素水というわけですね。
水素と酸素が仲良しになって、中和されるイメージです。

 

水素水によって、増えすぎた活性酸素を除去して、不必要に体への攻撃を防ぐことが出来るのですね。

 

関連ページ

水素水の効果
水素水って体に良いって聞くけど、何が良いのでしょうか?水素水の効果とは?それは、悪玉活性酸素だけに作用して除去してくれるところ。善玉は無視して悪玉だけ無害化する、とても便利なすごいやつなんです。
溶存水素濃度
水素水は濃ければ濃い程良いというわけではありません。0.4ppmあれば体に効果はあるのです。一般的に水素水の飽和値は1.6ppmあたりですから、1.0ppmの濃度であれば、高濃度と言えるでしょう。薄い水素水はやめて濃い水素水を飲みましょう。
水素水は怪しいのか?
水素水について理解を深めましょう。水素水とはいったい何者なのか。水素水って本当に効果があるのか。なぜ、巷では怪しいと思われているのか。水素水は水素が入った水。水素が体に及ぼす効果が良いため、水素水に人気が集まっているのです。正しい理解で健康になりましょう。
睡眠不足に水素水
毎日高濃度の水素水を飲んでいます。最近、寝不足が続きますが、水素水を飲んでいるおかげで日中眠くならないし、疲れもたまりません。40歳を過ぎた私がこんなにも元気でいられるのは、水素水のおかげ。これからもずっと高濃度の水素水を飲み続けます。
水素水と糖尿病
水素水を飲むことにより血糖値が下がる結果が出ています。水素水は肝臓で作られる脂質代謝を活発にするホルモンを上昇させます。その結果、糖質ではなく資質を使ってエネルギーを作るようになるため、糖尿病の方に優しい水と言えるでしょう。