給水型水素水サーバーランキング

給水型水素水サーバーランキング

 

ガウラ mini
ガウラ mini

超高濃度水素水を作り上げる、H2 GAURAの小型版です。

 

H2 GAURAは、水道直結型として最高の水素水サーバーですが、その給水型です。

 

水道直結が出来ない方、小さな水素水サーバーをお探しの方は、こちらのminiタイプが良いでしょう。

 

小さくたってパワーは同じですから。ダブル水素方式も変わりはありません。

 

溶存水素濃度が1.0ppmと高濃度で、更に20,000ppmの注入水素を添加します。白濁する水素水は、GAURAの特徴ですね。

 

レンタルの場合は、5千円未満ですから、アルミパウチを飲み続けるよりもかなり安く水素水が飲めますよ。

 

溶存水素濃度もコスパも最高の、GAURAminiです。

 

ガウラミニの使用体験

ガウラミニの体験レビュー

GAURA mini 公式サイトはこちら

ガウラミニ公式サイト

価格 評価
148,000円(税抜)
レンタルは、月4,980円(税抜)
水素水サーバー,ランキング,給水型

 

ルルドハイドロフィクス

キッチンの横におけるほどスマートでコンパクトなデザイン。溶存水素濃度は1.2ppmとガウラを超える高濃度な水素水

 

ルルドハイドロフィクスは、商品に絶対な自信があるようです。保証期間が5年です。長く安心して使ってもらいたいというメーカーの意気込みですね。水素水サーバーで保証期間5年は初でしょうね。

 

水素水の生成には、多少時間がかかってしまい、1.5リットルで30分かかります。ですが、追い炊き機能で12時間は水素濃度を維持。作り置きが出来るので、生成時間の長さは気にならないでしょう。

 

そして、ここからがルルドハイドロフィクスが他の水素水サーバーと完全に差別化できるところ。それは、、、

 

水素ガス吸入機能付!

 

水素ガス吸入キットを別売りで購入すると、水素を直接吸入できます。この機能は、他の水素水サーバーにはありません。興味がある人は、資料請求だけでもしてみると良いでしょう。

 

ルルド 公式サイトはこちら

ルルドハイドロフィクス

価格 評価
142,800円(税抜) 水素水サーバー,ランキング,給水型

水素水サーバーSOMA
高濃度水素水

水素水サーバーの中では比較的安価に購入できるサーバーです。

 

高濃度とは言えませんが、約7分で水素水ができあがります。(350ppb)

 

サイズも大きくない為、どこにでもおけるコンパクト設計。持ち運びも出来そうです。

 

ただ、すべてが中途半端かなぁとも思います。

 

携帯性なら、ポケットを購入しますし、据置ならルルドを・・・

 

SOMA 公式サイトはこちら

SOMA公式サイト

価格 評価
98,000円(税込) 水素水サーバー,ランキング,給水型
 

管理人おすすめの水素水サーバー

 

ガウラmini

水素水サーバーの最高峰は、やっぱり、ガウラの「H2 GAURA」です。

H2 GAURAは、水道直結型の為、工事が必要で機械も大きいため、場所も取ります。
ですが、機能は最高で、1.0ppmの溶存水素濃度に加え、20.000ppmの注入水素を添加します。
白濁した水素水は、迫力ありますよね。

 

そのH2 GAURAと同じ水素水が飲めるのが、「ガウラミニ」なんです。

 

工事は不要で、機械も小さいためご家庭における大きさ。
水道水も使えますから、ガロン式のようにボトルを買う必要もない。

 

給水型の水素水サーバーとしては機能も十分だし、言うことないかなぁ。
給水しなければいけない点を除けば、100点をあげたいレベルの完成度。

 

ガウラが一番です。

 

GAURA mini 公式サイトはこちら

ガウラミニ公式サイト

 

関連ページ

水道直結型ランキング
水道直結型水素水サーバーのランキング。水道直結型の特徴は、給水する必要がないこと。メンテナンスがとても楽で、一度設置してしまえば、水道水を飲むのと同じ位の手間で水素水が飲めます。ただ工事が必要なケースが多く、機械も大きいため場所を取るのがたまに傷。
ガロン式ランキング
ガロン式水素水サーバーのランキング。ウォーターサーバーでお馴染みのガロン式。今までのウォーターサーバーに水素水添加キットをつけて使うタイプの水素水サーバー。飲んだ分だけお金を払うタイプで、1日1リットル程度なら、月額5000円にもならない。
携帯型ランキング
携帯型水素水サーバーのランキングです。携帯型水素水サーバーの特徴は持ち運びが出来ること。運動中にも飲めるし、会社にも持って行けます。好きな時にミネラルウォーターを調達して水素水を作る。水素水は飲む前に作るのが正しい飲み方なんですね。