水素は抜けやすい

水素水に必要な濃度

 

水素水は、0.4ppmの濃度があれば良いと言われています。ただし、体内に取り込まれるのが0.4ppmと言うことです。水素水を飲んでも100%の水素が体内に取り込まれません。約6割の水素は対外にそのまま排出されるそうです。ですから、0.4ppmを体内に入れる場合、1.0ppmの溶存水素濃度が必要になるということです。

 

こういったことから、ガウラの水素水サーバーは、溶存水素濃度1.0ppmにこだわっているのです。そして、しっかり1.0ppmの基準を満たして開発されています。

 

1.0ppmの溶存水素濃度が高濃度であると言われる所以はこういうところからきています。しっかり1.0ppm以上の水素水を飲みたいですね。

 

水素をさらに注入するガウラ

 

ガウラの水素水は、水素水として最適な実際の環境の気圧下において、1ppmの水素です。ですから、このままでも十分に水素水としての効果を得られるのですが、ガウラはここからがちがいます。この溶存水素の1ppmにさらに、水素を2%注入するのです。それが、白濁した水素水になるのですね。

 

その注入する水素はなんと2%!これは、500mlの水素水中に、約10,000ppm入っている計算になります。溶存はしていませんが、気泡として入ってきますから、給水して飲めば、体内にたくさんの水素を取り込むことが出来ます。

 

水素水サーバー以外の水素水ではなかなかできない工夫です。しかも、このように注入できるのは、出口で水素水を電気分解により作り出しているガウラだけです。

 

関連ページ

ガウラミニのレビュー
我が家にガウラが来ました。念願のガウラ水素水サーバーです。部屋の事情からコンパクトなGAURAminiをレンタルしました。水素水サーバーとして高濃度の水素水を生成するガウラの水素水サーバー。白濁した水素水を家庭で飲んでいます。
水素水の最高傑作
ガウラの水素水サーバーはフィットネス業界にて導入実績No1の水素水サーバー。溶存水素が高濃度で、さらに水素を添加する業界唯一のダブル水素方式。気泡で白濁するほどの高濃度だから、フィットネスでも選ばれるのです。
フィットネス業界でNo1
ガウラの水素水サーバーは、フィットネス業界では導入実績No1です。運動後の疲れた体に水素水を入れることにより、身体の活性酸素を除去。体の疲れをとると同時に、疲れにくい体もつくっていきます。
ガウラの6つの特長
ガウラの水素水には6つのポイントがあります。水素水が濃いことはもちろんのこと、コストパフォーマンスも高いです。メンテナンスも楽々ですし、ガロン式ではないので、ボトル交換もありません。理想の水素水サーバーです。
ガウラの購入
ガウラの水素水サーバーはネットから注文出来ます。レンタルと買い取りがありますので、あなたの予算に応じて選んでください。おすすめは買取。メンテナンスが楽なので、買い取りにしても不安はありません。
水道水から作る水素水
ガウラの水素水サーバーは、水道水から作る水素水です。ボトルを買う必要もありません。ランニングコストは電気代だけになります。飲み放題なので、洗顔にも使えますし、料理にだって使い放題。コスパは最高です。
HWATER-T1
HWATER-T1は、白濁するほど高濃度な水素水が特徴の水素水サーバー。フィットネスジムの導入実績No1のガウラの水素水サーバーと同じ機械を使っています。出来上がる水素水は溶存水素濃度が1.0ppmで、注入が20,000ppm!超高濃度です。